輪郭形成をする上での注意点や流れ

アフターケア

一般的には、メスなどで骨を削ることをします。
最初に3Dで骸骨が見えるようにレントゲンを撮り、そこからどの程度まで削ったらよいかを考えてきます。
削る場所が多ければ多いほど、輪郭は変わりますがその分傷跡も大きくなってしまいますので注意が必要です。
もっとも、目に見えない部分に傷跡をつけるためそれほど目立つことはありません。
多くの場合あごの下を覗きこまれることはなく、まずばれないといってよいです。
ただ、それに伴ってダウンタイムがあることも理解しておく必要があります。
2週間から3週間程度で、本格的に糸がなくなるのは1か月程度になることが少なくありません。
そのあいだは無理な運動などをしないようにしましょう。
また、手術をしたばかりのその日は化粧なども下げた方がよいです。
少なくとも、その日は横になって部屋でゆっくりと眠った方がよいでしょう。
下手に動いてしまうと、傷口がはれてしまう可能性もあるからです。
ほかに気になる点は、副作用がどのようになっているかでしょう。
副作用に関しては、絶対に出ないわけではありませんが、場合によってはてることも少なくないです。
よくある例としては、はれてしまう場合です。
これは、美容整形などを行った場合よくおこる症状ですので、決して珍しくありませんがあまり長期的にはれが収まらない場合はクリニックの先生などに相談をする必要があります。
クリニックでは、無料で治療してくれるところも多いです。

輪郭形成が流行っている輪郭形成には2種類あるアフターケア